失う

失う彼との恋愛が終わった時、私は彼を恨みました。
突然に切り出されたこともありましたし、明確な理由を話してはくれないこともそうでした。
もちろん、「納得することはできない。せめて私が納得できる理由を話を欲しい」とも頼んだのですが、
その翌日には、メールも電話も・そしてコミュニケーションツール関係・・・と、
一切の係わり合いを切り立たれてしまったのです。
ですので、彼に文句を言いたくてもいえない状態になってしまったのです。

それでも何度かメールを送信してみたりもしたのですが
やはり彼に届くことはありませんでした。

お互いに沢山の話をして分かり合ってきた2人の最後の情けなさやあっけなさに私は落ち込みショックを受けました。
そしてもちろん、彼を失ったという事実も。

「きっと彼は今頃、清々していると思っているのだろう」
そう思うと、より一層腹が立ちました(苦笑)

傷も癒えぬまま、数ヶ月が過ぎた後
偶然に近い形で、彼の友達に会ったのです。
何故か、その友達までもが私と顔をあわせるのが気まずい・・・という感じでした(苦笑)

その友達は言いました。「あいつも落ち込んでてさ」と。
どちらにせよ、「失う」という事は悲しいのだろうなとは思いましたが
腑に落ちない部分も含めて、自分の中で消化するのにはかなりの時間がかかりました。